残暑見舞いはがき

8月7日(立秋)以降に夏のご挨拶を出される場合は、

残暑見舞いはがきがおすすめです。

残暑見舞いとは

残暑見舞いとは、季節の挨拶状のひとつです。

暦の上では「秋」にもかかわらず、なお残る暑さ厳しい時期に、知人や友人など相手の健康を気遣い、相手の安否を尋ねたり、自分の近況を報告するご挨拶状です。

残暑見舞いを出す時期は

立秋(8月7日ごろ)から8月末ごろまで

暦の上では、立秋が「秋」の始まりであり、この立秋以降の暑さを残暑といいます。
お天気用語としては、秋分(2022年は9月23日)までの間の暑さも「残暑」というようですが、 いくら残暑が厳しくても、残暑見舞いは8月末までに出しましょう。

残暑見舞いを出す時期

立秋はいつ

2022年(令和4年)の立秋は、8月7日。

立秋(りっしゅう)は、二十四節気の第13で、定気法では太陽黄経が135度の時とされているので、祝日のように日にちが決まっているものではありません。
年により日にちは前後します。昨年(2021年)の立秋は、8月7日でした。

残暑見舞いはがき 初回投函日は8月5日 です。

残暑見舞いはがき投函代行をご希望の場合は

8月3日までにご注文の場合、8月5日(金) に投函いたします。

それ以降のご注文は、2営業日で投函いたします。