暑中見舞いを出す時期

暑中見舞いを出す時期は

暑さがだんだん強くなる小暑(7月7日ごろ)から立秋前日(2022年は8月6日)まで。 梅雨明けを待って出される方も多くおられます。

暦の上では、立夏(5月5日ごろ)から立秋前日(2022年は8月6日)までが「夏」とされます。

なかでも最も暑さが厳しいとされているのが、夏の土用の約18日間(2022年7月20日から8月6日まで)で、この期間を「暑中」といいますので、この時期に出されてもよいでしょう。

暑中見舞いを出す時期

梅雨明け時期

その年によりますが、例年梅雨明けは、本州では、7月20日前後になります。

2021年の各地の梅雨明けは以下のようになっておりましたので、暑中見舞いの準備の目安にされてもよいでしょう。

2021年の梅雨明け
沖縄 7月3日ごろ(平年は6月21日ごろ)
奄美 7月3日ごろ(平年は6月29日ごろ)
九州南部 7月11日ごろ(平年は7月15日ごろ)
九州北部 7月13日ごろ(平年は7月19日ごろ)
四国 7月19日ごろ(平年は7月17日ごろ)
中国 7月13日ごろ(平年は7月19日ごろ)
近畿 7月17日ごろ(平年は7月19日ごろ)
東海 7月17日ごろ(平年は7月19日ごろ)
関東甲信 7月16日ごろ(平年は7月19日ごろ)
北陸 7月14日ごろ(平年は7月23日ごろ)
東北南部 7月16日ごろ(平年は7月24日ごろ)
東北北部 7月16日ごろ(平年は7月28日ごろ)

残暑見舞いを出す時期は

立秋(8月7日ごろ)から8月末ごろまで

暦の上では、立秋が「秋」の始まりであり、この立秋以降の暑さを残暑といいます。
お天気用語としては、秋分(2022年は9月23日)までの間の暑さも「残暑」というようですが、 いくら残暑が厳しくても、残暑見舞いは8月末までに出しましょう。

残暑見舞いを出す時期

立秋はいつ

2022年(令和4年)の立秋は、8月7日。

立秋(りっしゅう)は、二十四節気の第13で、定気法では太陽黄経が135度の時とされているので、祝日のように日にちが決まっているものではありません。
年により日にちは前後します。昨年(2021年)の立秋は、8月7日でした。