残暑見舞いはがき印刷 用途に合わせてえらべる文例と豊富なデザイン

残暑見舞いはがきの注文受付は、8月27日(月)までです。
  • スタッフ紹介(私たちがお届けします)
  • デザイナー紹介(個性豊かな実力派が勢ぞろい)
  • お客さまの声(はがきで届いたお声を紹介)

夏の特別キャンペーン宛名印刷無料

キャンペーン詳細

宛名印刷の注文は簡単。注文フォームから印刷したい宛名を入力するだけ。件数が多い場合は、エクセルファイルで一括登録することもできます。宛名を登録せずに、筆まめなどの宛名ファイルでそのまま受付もできます。(宛名ファイル対応)

※ 宛名印刷のみの注文は承っておりません

宛名リストは挨拶状ドットコムグループサイトの全サイトで利用できます

  • 挨拶状ドットコム年賀状
  • 挨拶状ドットコムクリスマスはがき
  • 挨拶状ドットコム喪中はがき
  • 挨拶状ドットコム寒中見舞い
  • 挨拶状ドットコム結婚報告はがき
  • 挨拶状ドットコム引越しはがき
  • 挨拶状ドットコムProfessional
  • 挨拶状ドットコムセルフ挨拶状

暑中暑見舞いとは

暑中見舞いとは、夏の季節の挨拶状です。 挨拶状としての「暑中見舞い」は、「暑い中、お元気でお過ごしですか」と相手の健康を思いやる気遣いを忘れず、無沙汰のお詫びをしたり、近況を伝えることが多いです。 広義的には、1年で最も暑さが厳しい時期(暑中)に、知人や友人など相手の健康を思いやり、家に訪問したり、贈り物をしたり、手紙を出すこと。また、その手紙や贈り物そのものを指します。

残暑見舞いとは

残暑見舞いとは、季節の挨拶状のひとつです。 暦の上では「秋」にもかかわらず、なお残る暑さ厳しい時期に、知人や友人など相手の健康を気遣い、相手の安否を尋ねたり、自分の近況を報告するご挨拶状です。

2018年 暑中見舞いを出す時期

暑中見舞いは、1年で最も暑さが厳しい時期に、相手の健康、安否を気づかうとともに、自分の近況を伝えるお便りです。
一般的には、暑さがだんだん強くなる小暑(7月7日)から立秋前日(2018年は8月6日)までに出されることが多いです。梅雨明けを待って出される方も多くおられます。なお、地域によって梅雨明けの時期は異なりますので、相手がお住まいの地域の梅雨が明けた頃に出されるのがよいでしょう。
また、お中元の時期(7月上旬~7月15日頃)とも重なるので、そのお礼を兼ねたお便りにされる方も多くいらっしゃいます。暑中見舞いを出す意味を理解したうえで、大きく時期をずらさず、「残暑見舞い」に切り替わる時期に気をつけて出しましょう。
暦の上では、立夏(5月5日)から立秋前日(2018年は8月6日)までが「夏」とされます。なかでも最も暑さが厳しいとされているのが、夏の土用の約18日間(2018年は7月20日~8月6日まで)で、この期間を「暑中」といいますので、この時期に出されてもよいでしょう。
ビジネスで取引先や顧客宛に暑中見舞いを出す場合の時期は、基本的には上記の期間内とし、記載する内容を考えましょう。
例えば夏季休業日やセールのお知らせであれば、記載している日時より少し余裕を持って相手の方に届くように出しましょう。
    暑中見舞い・残暑見舞いの時期 詳しくはこちら
小暑や大暑は、1年を太陽の動きに合わせて24分割した二十四節気の一つです。
小暑は11番目に、大暑は12番目にあたります。
二十四節気は、太陰暦を利用していた時代に、季節の移り変わりを正しく知る為に考え出されました。
現代でも、季節の節目を表す言葉としてよく用いられています。
二十四節気の中で、小暑は、暑さが本番をむかえる少し前、これから本格的に暑くなってくる時期を指し、
大暑は最も暑さが厳しくなる時期を指します。 この「小暑」と「大暑」を合わせた約30日間を「暑中」という場合もあります。
いずれにせよ、立秋を過ぎると「暑中見舞い」から「残暑見舞い」に替わりますのでお気をつけください。

梅雨明け時期

その年によりますが、例年梅雨明けは、本州では、7月20日前後になります。
2017年の各地の梅雨明けは以下のようになっておりましたので、暑中見舞いの準備の目安にされてもよいでしょう。

2017年の梅雨明け
沖縄 6月22日ごろ(平年は 6月23日ごろ) 近畿 7月13日ごろ(平年は 7月21日ごろ)
奄美 6月29日ごろ(平年は 6月29日ごろ) 東海 7月15日ごろ(平年は 7月21日ごろ)
九州南部 7月13日ごろ(平年は 7月14日ごろ) 関東甲信 7月6日ごろ(平年は 7月21日ごろ)
九州北部 7月13日ごろ(平年は 7月19日ごろ) 北陸 8月2日ごろ(平年は 7月24日ごろ)
四国 7月13日ごろ(平年は 7月18日ごろ) 東北南部 不明
中国 7月13日ごろ(平年は 7月18日ごろ) 東北北部 不明

2018年 残暑見舞いを出す時期は

立秋(8月7日ごろ)から8月末ごろまで。
暦の上では、立秋が「秋」の始まりであり、この立秋以降の暑さを残暑といいます。
お天気用語としては、秋分(2018年は9月23日)までの間の暑さも「残暑」というようですが、いくら残暑が厳しくても、残暑見舞いは8月末までに出しましょう。

立秋はいつ

2018年(平成30)の立秋は、8月7日。

立秋(りっしゅう)は、二十四節気の第13で、定気法では太陽黄経が135度の時とされているので、祝日のように日にちが決まっているものではありません。年により日にちは前後します。
昨年(2017年)の立秋は、8月7日でした。

暑中見舞い以外のグループサイトでも「かもめ~る」をお選びいただけます。
  • 引越しはがき
  • 結婚報告はがき